アリアラテス6世エピファネス・フィロパトル(読み)アリアラテスろくせいエピファネス・フィロパトル(英語表記)Ariarathēs VI Epiphanēs Philopatōr

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アリアラテス6世エピファネス・フィロパトル
アリアラテスろくせいエピファネス・フィロパトル
Ariarathēs VI Epiphanēs Philopatōr

[生]?
[没]前116頃
小アジア東部,カッパドキアの王。在位前 130~116年頃。アリアラテス5世エウセベス・フィロパトルの子。ポントスのミトラダテス5世との間に確執があった。貴族のゴルディウスによって暗殺されたが,ミトラダテスのさしがねと思われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ご当地マンホール

日本全国各地に設置されている、その地域の名物や名所、ゆかりのある人物などがデザインされたマンホール蓋のこと。1977年に沖縄県那覇市で設置された、魚の群れをあしらった柄のものが初とされる。その後、全国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android