コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アリアラテス6世エピファネス・フィロパトル アリアラテスろくせいエピファネス・フィロパトル Ariarathēs VI Epiphanēs Philopatōr

1件 の用語解説(アリアラテス6世エピファネス・フィロパトルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アリアラテス6世エピファネス・フィロパトル
アリアラテスろくせいエピファネス・フィロパトル
Ariarathēs VI Epiphanēs Philopatōr

[生]?
[没]前116頃
小アジア東部,カッパドキアの王。在位前 130~116年頃。アリアラテス5世エウセベス・フィロパトルの子。ポントスミトラダテス5世との間に確執があった。貴族のゴルディウスによって暗殺されたが,ミトラダテスのさしがねと思われる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アリアラテス6世エピファネス・フィロパトルの関連キーワード階乗ジアゾ化合物Nエヌ小アジアN末端残基Diaz de la Peña,N.Gerhaert van Leyden,N.Politeia tōn Romaiōnトロイ(小アジア)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone