コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アリジゴク

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アリジゴク
ありじごく / 蟻地獄
ant-lion

昆虫綱脈翅(みゃくし)目ウスバカゲロウ科の種類のうち、地表にすり鉢状の巣をつくる幼虫をさしてアリジゴクという。ウスバカゲロウやホシウスバカゲロウの幼虫がそれである。幼虫はすり鉢形の穴の底に潜み、穴に落ちたアリなどの小昆虫を捕食する。この穴も「蟻地獄」ということがある。[山崎柄根]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アリジゴクの関連キーワードクサカゲロウツノトンボアントラー擂り鉢虫後びさり薄羽蜉蝣角蜻蛉擂鉢虫後退りサイゴ脈翅類

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アリジゴクの関連情報