コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アリノトウグサ科 ありのとうぐさか

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アリノトウグサ科
ありのとうぐさか
[学]Haloragaceae

双子葉植物、離弁花類。草本または低木で、多くは陸生であるが水生のものもある。葉は対生、互生または輪生し托葉(たくよう)はなく、水中葉は細かく分裂する。花は両性または単性で円錐(えんすい)花序をなし、ごく小形。萼(がく)は子房を包んで萼筒(がくとう)をなし、先は2~4裂するか、または裂片がない。花弁はないか、または2~4枚あり、やや覆瓦(ふくが)状に並ぶ。雄しべは2~8本、葯(やく)は底着し縦裂する。子房は下位で1~4室、胚珠(はいしゅ)は室の頂端から下垂する。果実は小形で堅果または核果をつくり、翼があり裂開せず、分果をつくるものもある。種子には多量の胚乳をもつ。南北両半球の熱帯、温帯に広く分布し、世界に約8属160種がある。日本では陸生の小形の草本のアリノトウグサ属Haloragisと、水生の軟弱な草本のフサモ属Myriophyllumの2属が分布する。[小林純子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアリノトウグサ科の言及

【アリノトウグサ】より

…繊弱なアリノトウグサ科の多年草で,陽性の草地に生育する(イラスト)。高さ10~30cm,茎は四稜があり赤褐色を帯び,基部は匍匐(ほふく)分枝する。…

※「アリノトウグサ科」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アリノトウグサ科の関連キーワードアリノトウグサ(蟻の塔草)キンギョモ(金魚藻)マツモ(沈水植物)アリノトウグサフサモ(総藻)ホザキノフサモ穂咲きの総藻キンギョモ穂咲の総藻グンネラ蟻の塔草穂咲房藻穂咲総藻タチモフサモ孔雀藻金魚藻大房藻総藻立藻

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android