アリーサ フレインドリフ(英語表記)Alisa Freindrikh

20世紀西洋人名事典の解説

アリーサ フレインドリフ
Alisa Freindrikh


1934.8.12 -
女優。
レニングラード(ソ連)生まれ。
両親とも俳優。大卒後初舞台を「紙ばさみを持つ人」で踏む。1961年以来レンソヴィエト劇場所属となり、俳優イーゴリー・ウラジーミロフとともに指導的役割を果たす。’84年ボリショイ・ドラマ劇場に移籍して活躍。映画デビューは’60年「新婚物語」。’79年、夫婦共演した現代ソヴィエトの代表的戯曲の映画化「旧式コメディ」で年間最優秀女優に選ばれる。謎めいた眼差しが印象的な個性派で、シリアスドラマからミュージカルまで多彩なジャンルで幅広い役をこなし、他の作品に「ストーカー」(’80年)、「ロマノフ王朝の最期」(’85年)等がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

アウェイ育児

自身や配偶者の就職や転勤などに伴い、慣れない土地に移って子育てをすること。身近に相談できる親類縁者や友人が少なく、地域とのつながりも薄いケースが多い。また、夫の育児参加が少ないなどで孤立感を深めた母親...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android