コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アリーバーグ Alībāg

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アリーバーグ
Alībāg

インド西部,マハーラーシュトラ州西部の町。コラーバ県の行政庁所在地。ムンバイ (ボンベイ) 南方約 35km,アラビア海にのぞむ。地名は 17世紀のもので,「アリの庭園」を意味し,イスラムの富裕な住人の庭園に由来。同じ頃,マッラタ族に占領され,近郊に要塞が築かれて,近隣のポルトガル支配の都市や沿岸の交易船に対する攻撃拠点となった。 1890年イギリス領となった。気象台がある。人口約1万 5000。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android