コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アリール基 アリールきaryl group

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アリール基
アリールき
aryl group

炭化水素基のうち,特に芳香族炭化水素基アリール基と呼び,Ar で表わす。例としてフェニル基 C6H5- ,トルイル基 CH3C6H4- ,ナフチル基 C10H7- などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

アリール基【アリールき】

芳香族炭化水素の環から水素1原子を除いた残基。フェニル基C6H5−,ナフチル基C1(/0)H7−など。
→関連項目ジアゾニウム塩

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アリール基
ありーるき
aryl group

芳香族化合物から芳香環上の水素原子1個を除いた原子団の総称をアリール基といい、Ar-と略記する。脂肪族のアルキル基に相当する。日本語ではrとlの区別ができないので、アリル基allyl groupCH2=CH-CH2-と区別するため、芳香核残基には長音を用いて「アリール基」とよぶことにしている。ベンゼンから誘導される基はフェニル基という。縮合環芳香族化合物から誘導される基には、ナフタレンの残基であるナフチル基、フェナントレンの残基であるフェナントリル基などがある。縮合芳香族炭化水素から一つの水素を除いてできる残基(原子団)は、取り除く水素の位置により幾種類かが可能になる。たとえば、ナフタレンの例では、1の位置の水素を取り除いてできる1-ナフチル基と、2の位置の水素を取り除いてできる2-ナフチル基がある。ビフェニルから誘導される基はビフェニリル基である()。[佐藤武雄・廣田 穰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アリール基の関連キーワードチタン酸エステルアンモニウム塩有機水銀化合物アルソニウム塩クライゼン転位ピナコール転位芳香族炭化水素オニウム化合物クルチウス転位ホスホニウム塩有機リン製剤ホフマン転位ニトロアミンウルマン反応スルフィン酸ピナコールナフチル基シロキサンホスフィンスルホン酸

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android