コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アリール aryl

世界大百科事典 第2版の解説

アリール【aryl】

芳香族炭化水素(アレーン)から環に結合した水素1原子を除いて得られる1価の芳香族炭化水素基の一般名(表)。飽和脂肪族炭化水素基の一般名アルキルと対をなす。アリルallylとの混同を避けるため,字訳では長音記号を入れてアリールとする。Arと略記する。元来は芳香族炭化水素から誘導された基を指すが,広い意味で置換基をもつものも含めた芳香族残基をアリールと呼ぶこともある。【竹内 敬人】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

アリールの関連キーワードグリニャール試薬チタン酸エステル有機水銀化合物クライゼン転位オニウム化合物アルソニウム塩ホスホニウム塩ピナコール転位アンモニウム塩ジアゾニウム塩ウルマン反応ニトロアミンヘテロ接合体スルフィン酸ベンゾインピナコールホスフィンウルツ反応スルホン酸アリール基

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android