コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アリール アリール aryl

3件 の用語解説(アリールの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アリール(aryl)

芳香族炭化水素芳香環上の水素原子1個を除いた残りの原子団の総称。フェニル基C6H5-、トリル基CH3C6H4-、キシリル基(CH32C6H3-、ナフチル基(C10H7)など。アリール基。芳香族炭化水素基。
[補説]プロペンから誘導される1価の基アリル(allyl)CH2=CH-CH2-とは異なる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

アリール【aryl】

芳香族炭化水素(アレーン)から環に結合した水素1原子を除いて得られる1価の芳香族炭化水素基の一般名(表)。飽和脂肪族炭化水素基の一般名アルキルと対をなす。アリルallylとの混同を避けるため,字訳では長音記号を入れてアリールとする。Arと略記する。元来は芳香族炭化水素から誘導された基を指すが,広い意味で置換基をもつものも含めた芳香族残基をアリールと呼ぶこともある。【竹内 敬人】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アリールの関連キーワードアミンエチレン系炭化水素ベンゾピレン芳香族炭化水素アレーン不飽和炭化水素飽和炭化水素多環芳香族炭化水素脂肪族炭化水素芳香族化反応

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アリールの関連情報