コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アリ・ソルギルスソン Ari Thorgilsson

世界大百科事典 第2版の解説

アリ・ソルギルスソン【Ari Thorgilsson】

1067‐1148
アイスランド初期の修史家。〈学者〉とあだ名される。名家の出で,聖職者としての教育を受けた。現存する作品は小冊の《アイスランド人の書Íslendingabók》(1133年以前に成立,ラテン語名Libellus Islandorum)で,信頼に足る情報によって実証的におおよそ870‐1120年の歴史(アイスランド植民,社会機構の確立,グリーンランド植民,キリスト教の到来)を,決して無味乾燥でない文章で簡潔に要約する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

アリ・ソルギルスソンの関連キーワード奥羽本線藤原顕頼サルグル朝ジール朝植民の書アリ秋田新幹線日高本線高齢運転者等専用駐車区間大江広元

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android