アルコール分(読み)アルコールぶん

大辞林 第三版の解説

アルコールぶん【アルコール分】

アルコールを含む飲料・食品などにおけるアルコールの割合。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

アルコール‐ぶん【アルコール分】

〘名〙
アルコールを含む割合。
※時事新報‐明治二〇年(1887)一一月八日「又た防腐剤のサルチール酸を混ぜず、亜爾箇保爾(アルコール)分の対称も其宜しきを得て」
② アルコールを含む飲料。酒をさす。
※青春(1905‐06)〈小栗風葉〉夏「自身には一切アルコオル分の物を口にせぬので」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アルコール分の関連情報