コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルダー‐シュタイン則 Alder-Stein's rule

法則の辞典の解説

アルダー‐シュタイン則【Alder-Stein's rule】

ディールス‐アルダー反応の生成物の立体構造に関する経験則.以下の四つの規則の総称である.

(1) 親ジエン基に対してジエンは常にシス付加をする(シス付加則).

(2) 二重結合の重なりが最も大きくなるような配置をとって付加する(一般選択則).

(3) 脂環式化合物の γ-オキシ酸は,互いにエンド型であるときにラクトンをつくりうる(ラクトン則).

(4) 脂環式化合物の1,2-ジカルボン酸はシス型であるときに無水物をつくりうる.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

アルダー‐シュタイン則の関連キーワードディールス‐アルダー反応アルダー則

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android