コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルデグレーファー Heinrich Aldegrever

1件 の用語解説(アルデグレーファーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アルデグレーファー【Heinrich Aldegrever】

1502‐55?
ドイツの画家,版画家,金工師。本名トリッペンメーカーH.Trippenmeker。パーダーボルンに生まれ,デューラーの弟子として師からの大きな影響を受けた。450点余の小型の彫刻銅版画を制作し,〈小ものの画家Die Kleinemeister〉の中で重要な位置を占める。イタリアマニエリスム風の伸びた人体と,力強いが洗練された作風で,主に肖像画,宗教・神話画,風俗画を扱ったが,金工のための装飾文様を主題とした作品には職人的力量がうかがえる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

アルデグレーファーの関連キーワード赤松政秀茶室コロンブスの航海キプチャクハン国金魚宗祇セレスティーナセント・ヘレナ[島]ピサロビヒザード

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone