アルトゥン[山脈](読み)アルトゥン

百科事典マイペディアの解説

アルトゥン[山脈]【アルトゥン】

漢字では阿爾金山脈。中国,新疆ウイグル自治区と青海省をわかつ山脈。西は崑崙(こんろん)山脈,東は西寧〜敦煌(とんこう)を結ぶ道路が通じる当金峠で祁連(きれん)山脈につらなり,全長750km。アルティン山脈とも。西部,中部,東部の三つの山系からなり,西部の最高峰は6295mのスラムターグ山,中部の最高峰は6065mの無名峰,東部の最高峰は5798mで山脈名と同じアルトゥン山。1989年中国蘭州市と日本の秋田市の友好登山隊がアルトゥン山の登頂に成功した。〈アルトゥン山〉とは,モンゴル語で〈白樺のある山〉の意。
→関連項目青海[省]チャイダム盆地

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アルトゥン[山脈]【Altun】

中国,新疆ウイグル(維吾爾)自治区南東部にあり,東北東から西南西にのびる山脈。タリム(塔里木)盆地とチャイダム(柴達木)盆地の境界青蔵高原の北縁をなす。全長約750km,平均標高3600~4000m,西部は崑崙こんろん)山脈に接し,比較的高い。東部はやや低く山幅も約20km,青海,甘粛両省の境界で祁連(きれん)山脈と接する。西北の乾燥地域に近く,森林は発達せず,5000m以上は高山性の不毛な寒冷砂漠となる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android