コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祁連山脈 きれんさんみゃく

4件 の用語解説(祁連山脈の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

祁連山脈
きれんさんみゃく

「チーリエン (祁連) 山脈」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

祁連山脈【きれんさんみゃく】

中国の山脈で,広義には甘粛省西部から青海省東北部にかけての山域を総称し,黄河水系と内陸水系を分かつ分水嶺となっている。河西回廊の南にあることから南山とも呼ばれる
→関連項目アルトゥン[山脈]甘粛[省]崑崙山脈青海[省]青蔵高原チャイダム盆地

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きれんさんみゃく【祁連山脈 Qí lián shān mài】

中国,甘粛・青海両省の省境,青蔵高原の北縁を形成する山脈。数条の平行した山嶺からなり,河西回廊とチャイダム(柴達木)盆地の間に分布する。最高峰は団結峰(5827m)。4000m以上では氷河が発達し河西回廊の水源となる。山ろくにはチベット族,河西回鶻(かいこつ)の子孫ユーグ(裕固)族などが居住,焉支(えんし)山一帯には漢の霍去病(かくきよへい)によって官営養馬場が開かれて以来,軍馬飼育場が発展している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

祁連山脈
きれんさんみゃく / チーリエンシャン

中国、青海(せいかい/チンハイ)省と甘粛(かんしゅく/カンスー)省の境界にある山脈。青蔵高原の北東縁に西北西から東南東に約800キロメートルにわたって連なる。南東流する大通河、北東流する黒河と北大河、西流する疏勒(そろく)河と党(とう)河などの河谷により、大通山、托来(とうらい)山、疏勒南山、党河南山など多くの山脈に分かれている。酒泉(しゅせん/チウチュワン)県南方にある主峰祁連山(5547メートル)をはじめ、5000メートル峰数座を数え、高山地帯には万年雪と氷河の形で水を蓄える。山地から流出する多くの川が山麓(さんろく)に点々とオアシス集落を成立させる。モンゴル高原側の北麓には河西(かせい)回廊があり、ここに1959年以来蘭新(らんしん)鉄道が通じている。[酒井敏明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone