青海(読み)おうみ

日本大百科全書(ニッポニカ)「青海」の解説

青海
おうみ

新潟県西端、西頸城郡(にしくびきぐん)にあった旧町名(青町(まち))。現在は糸魚川市(いといがわし)の東部を占める地域。旧青海町は1927年(昭和2)町制施行。1954年市振(いちぶり)、上路(あげろ)、歌外波(うたとなみ)村と今井村の一部を編入。2005年(平成17)糸魚川市に合併。えちごトキめき鉄道(旧、JR北陸本線)、国道8号が通じる。北アルプスの山地が日本海に断崖(だんがい)で突入する親不知・子不知(おやしらずこしらず)の険で有名な北陸道の難所で、『延喜式(えんぎしき)』の宿駅滄海(おうみ)が置かれた所。近世は北陸街道の宿場町であり、越中(えっちゅう)(富山県)境には市振関も置かれた。古くは半農半漁の寒村であったが、付近は埋蔵量2億トンといわれる石灰岩の宝庫で、1921年(大正10)青海電化工場が創設されてから、急激に近代化学工業都市に発展した。旧町域の人口の70%は電化工場関係者で、セメント、化学製品を中心に窒素肥料も生産している。カルスト地形の名所や親不知の険、橋立ヒスイ峡などの景勝地があり、親不知子不知県立自然公園に指定され、観光地としても有名。

[山崎久雄]

『青木重孝著『青海』(1966・青海町)』


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「青海」の解説

あお‐うみ〔あを‐〕【青海】

青々とした海。青海原(あおうなばら)。

せいかい【青海】

中国西部の省。省都は西寧少数民族が多く、多くの民族自治州を含む。牧畜が盛ん。塩湖が多く、塩の産出が大。人口、543万人(2005)。チンハイ
中国青海省東部にある中国最大の塩。面積4635平方キロメートル。青塩とよばれる塩が特産

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「青海」の解説

青海
おうみ

新潟県南西部,糸魚川市北西部の旧町域。日本海に面する。 1927年町制。 1954年歌外波村,市振村,上路村の3村と今井村の一部を編入。 2005年糸魚川市,能生町と合体して糸魚川市となる。中心集落の青海は旧北陸街道の宿場町として発展。 1921年青海石灰岩を原料とする化学工場が創設されて以来化学肥料,セメント,合成樹脂を中心とする化学工業の町に発展した。しかし石油化学工業の発展に伴って有機化学工業転換親不知,子不知を中心とした観光開発も進める。青海川の硬玉産地 (国指定天然記念物) ,寺地遺跡 (国指定史跡) などがあり,親不知子不知県立自然公園に属する。「竹のからかい」は国の重要無形民俗文化財

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「青海」の解説

せい‐かい【青海】

[1] 〘名〙 (「せいがい」とも) 青々とした海。滄海。あおうみ。
※懐風藻(751)秋日於長王宅宴新羅客〈百済和麻呂〉「青海千里外、白雲一相思」
[2]
[一] 中国、青海省北東部にある湖。中国最大の塩湖。面積四六三五平方キロメートル。湖面標高三一九六メートル。モンゴル語名ココノール(ホフノルとも)。〔北史‐吐谷渾伝〕
[二] 中国西北部の省。チベット高原の北東部にある。漢代から唐代に西羌(せいきょう)・吐谷渾(とよくこん)・吐蕃(とばん)などと呼ばれた地域。一九二八年に成立。省都は西寧。

あお‐うみ あを‥【青海】

〘名〙 青々としている海。
※色葉字類抄(1177‐81)「滄溟 アヲウミ アヲウミノハラ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社世界史事典 三訂版「青海」の解説

青海
せいかい
Qīnghǎi

中国中北部,青海省の北東部にある中国最大の塩湖。モンゴル語ではココ−ノール(青い湖)の意
青海省はチベット高原の北東部,万年雪をいただく高山が多く,黄河長江ともここにを発する。湖辺にはモンゴル族チベット族などがおもに牧畜生活を営んでいる。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android