コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルドキシム aldoxime

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルドキシム
aldoxime

アルドオキシムともいう。ヒドロキシルアミンアルデヒドとの縮合によって生成される。結晶しやすい物質で,無機酸により容易に加水分解され原料に戻るので,アルデヒドの精製,確認に利用される。また還元すると第一アミンを生じ,第二アミンを副生することもある。2種の立体異性体があり,シン形,アンチ形と呼ばれる。シン形は脱水剤によりニトリルに変化する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のアルドキシムの言及

【オキシム】より

…アルデヒドRCHOあるいはケトンRCOR′がヒドロキシルアミンH2NOHと脱水縮合することによって生成する化合物の総称。アルデヒドから生成するRCH=NOHをアルドキシムaldoxime,ケトンから生成するRR′C=NOHをケトキシムketoximeとよぶ。オキシムは,一般に難溶性の結晶性物質なので,アルデヒドやケトンの分離,確認に用いられる。…

※「アルドキシム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

アルドキシムの関連キーワードベンゾニトリルPAMパム

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android