コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルフォンソ[6世] Alfonso VI

1件 の用語解説(アルフォンソ[6世]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アルフォンソ[6世]【Alfonso VI】

1040‐1109
レオン国王(在位1065‐1109),カスティリャ国王(在位1072‐1109)。父王からレオン王国を継承したが,兄のカスティリャ王サンチョ2世に追われて,当時イスラム王国だったトレドに亡命,兄の死後レオン,カスティリャ両国の王位についた。兄の筆頭家臣だったエル・シッドとの不和から,史料での評価は芳しくないが,現実の王は祖父以来のヨーロッパ接近策を継承促進して,国土回復戦争のための背後の守りを固め,また典礼統一をはじめとするローマ教皇庁の意向にこたえて自らの立場を強化するなど,優れた外交感覚の持主だった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のアルフォンソ[6世]の言及

【トレド】より

…彼らはやがて後述の翻訳事業でかけがえのない役割を果たす一方,二つのシナゴーグに紛うかたない自分たちの足跡を残していった。 1085年,カスティリャ王アルフォンソ6世の軍勢に包囲されたトレドは,もはや抵抗がむだなことを悟って無血開城した。しかし,アル・アンダルスの他の王たちはこの事態に危機感を深め,北アフリカの同胞に来援を求めた(ムラービト朝)。…

【マドリード】より

…両地域の交通は,現在のマヨール通りの起点の所にあった橋によって行われた。 1083年,アルフォンソ6世がマドリードを最終的にキリスト教徒の手に回復し,セゴビアの自治体が再植民を行った。1202年にマドリードの都市特権(フェロ)が発布され,市の紋章(熊は自治体,ヤマモモは村villaを表す)も決められた。…

※「アルフォンソ[6世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アルフォンソ[6世]の関連キーワードアナクレオンカメレオン座ナポレオン岩ナポレオン法典フレオンガレオンプレオンカスティーリャイレオンナポレオンの密書オンキャンパス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone