コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローマ教皇庁 ローマきょうこうちょうCuria Romana

翻訳|Curia Romana

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ローマ教皇庁
ローマきょうこうちょう
Curia Romana

ローマ教皇を補佐する機関。初期においてローマ司教はローマ市内の司祭団,近隣地区の司教団によって補佐されたが,4世紀にはローマ地区教会会議が定期的にもたれるようになった。その後常設的な諸補佐機関が漸次設置され,その全教会に対する影響力を強めた。 11世紀の叙任権論争に関する改革の結果,教皇の中央集権が確立され,Curia Romanaが設置されるにいたる。聖省,官署,裁判所を基本的な3機関とする形に整備されたのは 16世紀以降である。それ以後も時代の要求に従って改組が行われ,1917年の教会法で機構として定められた。 62~65年に開催された第2バチカン公会議の結果,現代社会へ適応するため大幅に改組され,さらに 1988年の改革を経て,現在では国務省のほかに9省,6官署,3裁判所を基本に,事務局などが設置されている。これらは教皇の委託を受けて機能するもので,あくまで教皇の補佐機関である。教皇はまたバチカン市国の主権者という世俗権をもち,その権限を教皇庁が扱い,バチカン市国の統治,諸外国との外交などは国務省が管轄している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ローマ‐きょうこうちょう〔‐ケウクワウチヤウ〕【ローマ教皇庁】

教皇庁

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内のローマ教皇庁の言及

【教皇庁】より

…法王庁,聖庁ともいう。
[沿革]
 教皇庁は本来教皇の御付司祭とローマ近隣の司教たちから成っていたが,教会の発展とともに拡大,分化し,11世紀からローマ教皇庁Curia Romanaと呼ばれるようになった。パウルス6世による改革(1967)直前までは,12の聖省と三つの裁判所(赦免院,控訴院,大審院)と五つの官署(教皇官房庁,聖職禄の配分などを扱う教皇授恵庁,教皇財務庁,国務省,文書書簡庁)を中心に構成されていた。…

【ラテラノ協定】より

…協定は〈聖座・イタリア間条約〉と〈政教協約(コンコルダート)〉からなり,前者には〈財務協定〉を含む4付属文書が添付された。本条約においてイタリア王国はカトリックを唯一の国教と認めたうえでローマ教皇庁の国際法上の主権およびそのもとでのバチカン市国独立を承認した。他方,教皇庁もイタリア王国を承認するとともにローマ問題の最終的解決を宣言した。…

※「ローマ教皇庁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ローマ教皇庁の関連キーワードウィレム・マリーニュス ヴァン・ロッスムフランシス・ジョウゼフ スペルマンペーター・ヨーゼフ ワーグナーフランチェスコ ブラネッリボニファティウス[8世]フアン・デ・アウストリアウルトラモンタニスムスビルヌーブレザビニョンアルフォンソ[6世]フェルナンド[2世]グラティアヌス法令集スコラ・カントールムエドマンド・リッチピオ エマヌエリエーリク(9世)千宗守(11代)エンリケ[2世]ジャンヌダルクアビニョン捕囚レパントの海戦

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android