コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トレド Toledo

翻訳|Toledo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トレド
Toledo

アメリカ合衆国,オハイオ州北西部,エリー湖の西岸に近い工業都市。 18~19世紀に開拓され,エリー湖水運の要衝として発達。 1825年にエリー運河が開通し,オハイオ運河網建設が開始されると物資流通の大中心地となった。 37年市制。ガラス工業が有名で,造船,製油,自動車部品製造などの工業も盛ん。港は内陸港としては規模が大きく,移入は穀物,パルプ,紙,鉄鉱石,石材など,移出は石炭,石油製品,ガラス,自動車,工具,造船などである。トレド大学 (1872創立) ,美術館などがある。人口 28万7208(2010)。

トレド
Toledo

スペイン中部のカスティリア・ラマンチャ自治州中部,トレド県の県都。マドリードの南南西約 70km,タホ川の曲流部に三方を囲まれ,右岸に位置し,スペイン文化の特質を最もよく備えた都市といわれる。前2世紀にローマ帝国の重要な植民都市トレツムとなり,8~11世紀にベルベル人に支配されたが,1085年アルフォンソ6世が奪回,その後はカスティリア王国の政治,文化の中心として発展した。1560年フェリペ2世のマドリード遷都によって,政治的中心としての役割を喪失。古来剣の産地として知られ,今日でも軍需品の製造やムデハール様式の伝統を受け継ぐ金属加工が盛ん。ほかにクリスマス用の砂糖菓子製造で知られる。ローマ時代の橋や城,中世のイスラムのモスク,ムデハール様式のユダヤ会堂,城(→アルカサル),キリスト教聖堂などの歴史的建築物が残存する旧市街は,1986年世界遺産の文化遺産に登録された。特にイスラム文化の影響を反映しているスペイン・ゴシック様式の大聖堂(1226着工)は最もスペイン的と評価される。博物館にはこの地にゆかりの深いエル・グレコをはじめ,フランシスコ・ホセ・デ・ゴヤ・イ・ルシエンテス,アンソニー・ファン・ダイクなどの絵が収められ,エル・グレコの住家は博物館として保存されている。人口 7万7601(2006推計)。

トレド
Toledo

フィリピン,ビサヤ諸島中部,セブ島西岸の町。フィリピン最大の銅鉱山があり,露天掘りされている。近くに炭田もある。トウモロコシコプラなどを集散する港町でもある。人口 12万 (1990推計) 。

トレド
Toledo, Alejandro

[生]1946.3.28. カバナ
ペルーの政治家,経済学者。大統領(在任 2001~06)。フルネーム Alejandro Celestino Toledo Manrique。選挙で選ばれたペルー初の先住民系の大統領。支持者には「エル・チョロ」(インディオの意)の愛称で親しまれた。ケチュア族の貧農の息子として生まれ,北部沿岸のチンボテで靴磨きをして少年時代を過ごした。奨学金を得てアメリカ合衆国に留学し,1970年にサンフランシスコ大学を卒業。スタンフォード大学で 1971年に人的資源経済学,1972年に経済学の修士号を取得後,1976~78年と 1989年に国際連合および 1979~81年には世界銀行で国際エコノミストを務める。1981年に帰国,アルフォンソ・グラドス労働大臣の社会政策顧問に就任した。1993年スタンフォード大学で人的資源経済学の博士号を取得後,ハーバード大学国際開発研究所の客員研究員となる。1998年,リマのペルー経営大学院 ESANで国際問題学部長に就任。1995年の大統領選挙に中道派ペルー・ポシブレ党から初めて立候補,得票率はわずか 3%にとどまり,アルベルト・フジモリに敗北を喫した。2001年の大統領選挙では 6月の決選投票で勝利,同 2001年7月,大統領に就任した。就任演説で,観光業振興を通じた雇用創出,汚職や麻薬密輸,人権侵害の撲滅を訴え「全ペルー国民および全人種の大統領となる」ことを約束した。在任中にペルー経済は成長しインフレーションはほぼ解消したが,失業率改善はわずかにとどまった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

トレド

スペイン中央部の古都。マドリード南南西約65km,タホ川に臨む。絹・毛織物工業,陶業が行われ,古来刀剣製造で有名。13世紀のトレド大聖堂がある。起源は古代ローマ以前で,6―7世紀は西ゴートの首都。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界遺産情報の解説

トレド

トレドはマドリッドから南へ70キロのところにある県及び市で、スペインの古都として知られています。1986年、トレド大聖堂など旧市街全域が歴史地区としてユネスコの世界遺文化遺産に登録されました。街全体が中世そのままの姿で保存されているうえ、新しい建物も周囲の環境に調和するよう工夫がなされています。画家グレコは16世紀にトレドに魅せられ、トレドの景観を描き続けました。今日のトレドの景観と比べてみてもあまり違わないほど、街の美しさとその保存には定評があります。

出典|KNT近畿日本ツーリスト(株)世界遺産情報について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

トレド

ドイツ、ペリカン社の万年筆の商品名。1931年発売。本体に手彫りの彫金が施される。太さ、長さ別に2種類ある。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トレド【Toledo】

スペイン中央部,新カスティリャ地方の同名県の県都。人口6万1813(1982)。三方をイベリア半島最長のタホ川に守られた小高い丘の上に立ち,その起源は先史時代にさかのぼる。古称トレトゥムToletum。以来今日まで幾度かイベリア史の主要舞台となり,このために町全体がさながら歴史博物館といっても過言ではない。ちなみに市内の建築物の外観は今日いっさいの改造が厳禁されている。 トレドが歴史に大きく浮かび上がってくるのはローマ時代末期で,400年にイベリアのキリスト教会がその第3回司教会議をここで開催したときからである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

トレド【Toledo】

スペイン、マドリードの南60キロメートル、テジョ川に臨む古都。西ゴート・カスティリャ王国の首都。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

トレドの関連キーワードサンファンデロスレイエス修道院ドミニクス・グンディサリヌスサンタマリアラブランカ教会カスティーリャラマンチャマルティネス・デ・トレドサンチョ3世(待望王)ヘラルド[クレモナ]トゥパック・アマルーカスティリアラヌエバジェイミー ファージョゼフ コスースヨハネ(十字架の)サンチェス・コタンタラベラデラレイナイルデフォンススコムネロスの反乱サントトメ教会トランシト教会スペインの時プンタゴルダ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トレドの関連情報