コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルフォンソ8世 アルフォンソはっせいAlfonso VIII

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルフォンソ8世
アルフォンソはっせい
Alfonso VIII

[生]1155
[没]1214.10.6. ブルホス
カスティリア王 (在位 1158~1214) 。サンチョ3世 (待望王) の子。即位前より内紛とナバラ王国の介入に悩まされ,治世中はアラゴン王国と同盟を維持。一方レオン王国に対しては,レオン王に強制して臣従の礼をとらせた。 1212年アラゴン,ポルトガル王とともにキリスト教十字軍を組織し,ラスナバスデトロサにおいて,イスラム軍を撃破して,国土回復運動に決定的な勝利をもたらした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アルフォンソ8世の関連キーワードエンリケ1世[カスティリア王]ブランシュ・ド・カスティーユフェルナンド3世(聖王)サンティリャーナデルマルペドロ2世[アラゴン王]クエンカ(スペイン)サンチョ6世(賢王)アルフォンソ9世パレンシアベレンゲラクエンカビトリア

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android