コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近衛天皇 このえてんのう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

近衛天皇
このえてんのう

[生]保延5(1139).5.18. 京都
[没]久寿2(1155).7.23. 京都
第 76代の天皇 (在位 1141~55) 。名は体仁 (なりひと) 。鳥羽天皇皇子。母は皇后美福門院藤原得子 (贈左大臣藤原長実の娘) 。永治1 (41) 年践祚,次いで即位在位の間,父鳥羽上皇が院政を行なった。陵墓は京都市伏見区竹田内畑町の安楽寿院南陵。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

このえ‐てんのう〔コノヱテンワウ〕【近衛天皇】

[1139~1155]第76代天皇。在位、1142~1155。鳥羽天皇の第9皇子。名は体仁(なりひと)。在位中は鳥羽法皇が院政。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

近衛天皇 このえてんのう

1139-1155 平安時代後期,第76代天皇。在位1142*-55。
保延(ほうえん)5年5月18日生まれ。鳥羽(とば)天皇の皇子。母は藤原得子(とくし)(美福門院)。異母兄崇徳(すとく)天皇の譲位をうけ,永治(えいじ)元年3歳で即位。在位中,父鳥羽上皇が院政をおこなう。久寿2年7月23日17歳で夭折。その死は呪詛(じゅそ)によるとの噂(うわさ)が流れた。墓所は安楽寿院南陵(あんらくじゅいんのみなみのみささぎ)(京都市伏見区)。諱(いみな)は体仁(なりひと)。
【格言など】虫の音の弱るのみかは過ぐる秋を惜む我が身ぞまづ消えぬべき(「玉葉和歌集」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

このえてんのう【近衛天皇】

1139~1155) 第七六代天皇(在位1141~1155)。名は体仁なりひと。鳥羽天皇の皇子。在位中は鳥羽法皇が院政を行い、藤原忠通が摂政関白を務めた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

近衛天皇
このえてんのう
(1139―1155)

平安後期の天皇(在位1141~55)。名は体仁(なりひと)。保延(ほうえん)5年8月15日生まれ。鳥羽(とば)天皇の第9皇子、母は藤原長実(ながざね)の娘美福門院(びふくもんいん)得子。父鳥羽上皇は白河法皇によって強引に即位させられた崇徳(すとく)天皇を排除するため、体仁を生後3か月で立太子させ3歳で皇位につけ、自身は出家して法皇となり専制政治を展開した。天皇が12歳で元服したのを機に、藤原忠通(ただみち)・頼長(よりなが)兄弟の間に立后の競争が行われ、頼長の養子多子が皇后に、忠通の養女呈子が中宮にそれぞれ擁立されたが、摂関家(せっかんけ)内部の対立は深まり、保元(ほうげん)の乱の遠因となった。久寿(きゅうじゅ)2年7月23日天皇が17歳で若死にすると、崇徳上皇や藤原忠実(ただざね)・頼長父子らの呪詛(じゅそ)であるとの噂(うわさ)が流れた。墓は京都市伏見(ふしみ)区竹田内畑(たけだうちはた)町の安楽寿院南陵。[川島茂裕]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

近衛天皇 (このえてんのう)

生年月日:1139年5月18日
平安時代後期の第76代の天皇
1155年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

近衛天皇の関連キーワード本朝続文粋覚法法親王後白河天皇藤原忠通藤原光隆本朝世紀藤原俊経崇徳天皇藤原顕輔生年月日院宮分国中臣寿詞常盤御前重仁親王皇嘉門院六勝寺源雅定九条院八条院蓮台野

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android