コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルペッジョーネ

百科事典マイペディアの解説

アルペッジョーネ

低音の弦楽器。アルペジオーネともいう。1823年―1824年ウィーンの楽器制作者J.G.シュタウファーが発明。チェロに似た6弦の楽器だが,調弦もフレットの存在もギターのタイプで,それを弓で弾く。シュタウファーの依頼によって作曲されたシューベルトのソナタのほかにはめぼしい曲目がなく,楽器もすぐにすたれた。この唯一の名作《アルペッジョーネ・ソナタ》(1824年)は,今日ではチェロやビオラで演奏されている。
→関連項目チェロ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android