アルペッジョーネ

百科事典マイペディアの解説

アルペッジョーネ

低音の弦楽器。アルペジオーネともいう。1823年―1824年ウィーンの楽器制作者J.G.シュタウファーが発明。チェロに似た6弦の楽器だが,調弦もフレットの存在もギターのタイプで,それを弓で弾く。シュタウファーの依頼によって作曲されたシューベルトのソナタのほかにはめぼしい曲目がなく,楽器もすぐにすたれた。この唯一の名作《アルペッジョーネ・ソナタ》(1824年)は,今日ではチェロやビオラで演奏されている。
→関連項目チェロ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android