アルボルノス(英語表記)Gil Álvarez Carrillo de Albornoz

世界大百科事典 第2版の解説

アルボルノス【Gil Álvarez Carrillo de Albornoz】

1310‐67
スペイン生れの聖職者,教会政治家。トレド司教として,レコンキスタ一翼をになって軍事活動に従事。1343年アビニョンに招かれ,教皇クレメンス6世によって,ローマを中心とする〈教皇領再建のために派遣された(1353)。〈教皇領〉はローマ貴族や各地の君主によって私領化され,事実上解体していたのである。彼は抜群の軍事的・政治的能力を駆使して,57年までに都市ローマをはじめ,ロマーニャやマルケの回復に成功。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android