アルミナホワイト(読み)あるみなほわいと(英語表記)alumina white

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルミナホワイト
あるみなほわいと
alumina white

硫酸アルミニウム水溶液に炭酸ナトリウムあるいは炭酸アンモニウム水溶液を加えて生成する白色顔料。その組成はAl2(OH)6-x(SO4)x/2nH2Oで、だいたいx=1とされている。市販品は酸化アルミニウムAl2O340~41%、三酸化硫黄(いおう)SO317~19%、H2O19~21%の組成である。非晶質の柔らかいかさ高の白色粉末で、水には不溶であるが、酸、アルカリには可溶、比重は約2.35。屈折率は体質顔料中もっとも低く約1.5で、油と同程度のため、油と練ったものは完全に透明となる。耐光性、耐候性ともに高く、すべての顔料と展色材との併用が可能であるが、酸価の高い油と練ると表面が硬化し、リバリング(膠化(こうか))をおこす。しかし、この油と作用しゲル化する性質を逆に利用すると、油中での他の顔料の沈降を防止することができる。インクの補助剤、透明印刷インク(ビクトリア)、絵の具、クレヨン、ゴムなどに用いる。アルミナホワイトを体質とした有機顔料は鮮明で、透明性となる。[大塚 淳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android