アルムフェルト(英語表記)Armfelt, Gustaf Mauritz, Greve av

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1757.3.31. トゥルク近郊
[没]1814.8.19. ツァールスコエセロ
スウェーデンの政治家。伯爵。グスタフ3世侍従となり (1781) ,対ロシア,デンマーク外交,戦闘に活躍。グスタフ3世後,その子グスタフ4世が幼少のため実権を握った王の叔父ゼーデルマンランド公カルルによって,駐ナポリ大使に任じられた (92) 。ロシアの女帝エカテリーナ2世 (大帝) と接触したのが発覚し,ロシアに亡命 (92) 。グスタフ4世が成人に達すると復権し,駐ウィーン大使 (1802) 。 1809年グスタフ4世の廃位後,カルルがカルル 13世として即位し,アルムフェルトはスウェーデンから追放され (11) ,再びロシアに亡命して死去

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android