コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

まぶ マブ

デジタル大辞泉の解説

まぶ

[名・形動]《近世語》
仕事などがうまくいくこと。また、そのさま。
「―な仕事があるゆゑに」〈伎・都鳥廓白浪〉
美しいこと。また、そのさま。
「面が―な子供はねえぜえ」〈洒・辰巳婦言〉
真実であること。本物であること。また、そのさま。
「うそをとよ、ほんの事を―」〈洒・品川楊枝〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

まぶ

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
仕事などがうまく運ぶ・こと(さま)。 「汝てめえ-な仕事を安田と相談してゐたが、己も半口載せねえか/真景累ヶ淵 円朝
顔が美しい・こと(さま)。 「爰の内も、めんが-な子供はねえぜえ/洒落本・辰巳婦言」
本物である・こと(さま)。 「一廉の宝をせしめて今は-な金持になりました/黄表紙・桃太郎発端説話」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

まぶの関連情報