コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルー[諸島] アルー

2件 の用語解説(アルー[諸島]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

アルー[諸島]【アルー】

インドネシア東部,アラフラ海にある諸島。中心の5島は近接し,四つの狭い水路で隔てられている。土地低平で密林におおわれる。主島はウォカム島で,その西方の小島に中心地のドボがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

アルー[諸島]【Kepulauan Aru】

インドネシア東部,アラフラ海に浮かぶ小島群。面積約8600km2。住民はパプア系民族を主として約3万。主島タナブッサルをはじめ,トランガン,コブロール,コバ,マイコールなどの島々から成り,大部分石灰岩台地をなす。行政上はマルク州に属し,主都はタナブッサル島の西に接する小島ワマルにあるドボ。しかし風習はかなりマレー的要素を含む。全島が密林に覆われるので村落は海岸に立地する。近海のアラフラ海は真珠貝タイマイの産地として古くから著名で,1880年代からは日本人の真珠貝採取業者の活動も盛んであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アルー[諸島]の関連キーワードアラフラ海インドネシア語インドネシア語派バンダ海マレー語目に浮かぶ胸に浮かぶラム島インドネシア国家警察改革支援ガルーダ・インドネシア航空機事故

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone