アルー[諸島](読み)アルー

百科事典マイペディアの解説

アルー[諸島]【アルー】

インドネシア東部,アラフラ海にある諸島。中心の5島は近接し,四つの狭い水路で隔てられている。土地低平で密林におおわれる。主島はウォカム島で,その西方の小島に中心地のドボがある。近海は鼈甲(べっこう),真珠貝産地として著名。1880年代からは日本人業者も真珠貝を採取した。パプア系の人びとが主として居住。8563km2。約3万人。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アルー[諸島]【Kepulauan Aru】

インドネシア東部,アラフラ海に浮かぶ小島群。面積約8600km2。住民はパプア系民族を主として約3万。主島タナブッサルをはじめ,トランガン,コブロール,コバ,マイコールなどの島々から成り,大部分石灰岩台地をなす。行政上はマルク州に属し,主都はタナブッサル島の西に接する小島ワマルにあるドボ。しかし風習はかなりマレー的要素を含む。全島が密林に覆われるので村落は海岸に立地する。近海のアラフラ海は真珠貝,タイマイの産地として古くから著名で,1880年代からは日本人の真珠貝採取業者の活動も盛んであった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android