コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルーシャ族 アルーシャぞくArusha

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルーシャ族
アルーシャぞく
Arusha

タンザニア北部,メルー山に住むバンツー語系の一民族。山の南西斜面に非常に肥沃な耕地をもち雑穀類を栽培する。 19世紀初頭マサイ族内部の戦闘を逃れてこの地に定住し,周辺のメル族チャガ族と混血して形成された。初期の移住者に始る父系リニージを中心に,政治,経済,祭祀の体系があり,双系および姻戚関係に基づく相互扶助が社会全体として価値づけられている。しかし,1950年代から人口増加と商業化,都市化の波にさらされ,変化しつつある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone