コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アレクサンドリンスキー劇場(読み)アレクサンドリンスキーげきじょう(英語表記)Aleksandrinskii Teatr

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アレクサンドリンスキー劇場
アレクサンドリンスキーげきじょう
Aleksandrinskii Teatr

ロシアのサンクトペテルブルグにある劇場。 1824年開場。初めは帝室劇場としてフランスのメロドラマ,バレエ,オペラなどを上演していたが,19世紀末になってストリンドベリの『父』をはじめゴーゴリオストロフスキーなどリアリズム演劇の作品も取上げられるようになった。チェーホフの『かもめ』が初演された (1896) ことでも知られる。革命後の 1937年に「プーシキン名称レニングラード国立アカデミー・ドラマ劇場」と改称。 91年末のソ連崩壊後は再び前名に改称されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アレクサンドリンスキー劇場
あれくさんどりんすきーげきじょう
Александринский театр Aleksandrinskiy teatr

ロシアの国立劇場。サンクト・ペテルブルグ市の中心街ネフスキー通りにある。1756年に創立されたロシア最古のドラマ劇場の一つで、1832年ニコライ1世の妃アレクサンドラ・フョードロブナにちなんで帝室劇場「アレクサンドリンスキー劇場」の名をもらい、今日までの略称「アレクサンドリンカ」という呼び名で親しまれている。1937年プーシキンの死後100年を記念してプーシキン劇場となった。建築家ロッシの設計になる美しい建物は観光の名所になっている。ボルコフ、ヤコブレフ、カラトゥイギン、マルティノフ、コミサルジェフスカヤ、トルベーエフ、チェルカーソフらの名優が舞台に立ち、グリボエードフ作『知恵の悲しみ』(1831)、ゴーゴリ作『検察官』(1836)や、オストロフスキー、ツルゲーネフ、ルナチャルスキー、コルネイチュークらロシア・ソビエト演劇の数多くの名作が上演された。1991年にふたたび「アレクサンドリンスキー劇場」に改称したが、一般に、いまも「プーシキン劇場」ともよばれている。なお、この劇場を含むサンクト・ペテルブルグ歴史地区は1990年に世界遺産の文化遺産として登録されている(世界文化遺産)。[中本信幸]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

プレミアムフライデー

《〈和〉premium+Friday》経済産業省や経団連、各業界団体が連携して行う、個人消費活性化のための取り組み。また、その取り組みが実施される毎月末の金曜日のこと。平成29年(2017)2月末より...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android