アレクシー2世(読み)アレクシーにせい(英語表記)Aleksey II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アレクシー2世
アレクシーにせい
Aleksey II

[生]1929.2.23. エストニア,タリン
[没]2008.12.5. ロシア,モスクワ近郊
ロシア正教会(ギリシア正教総主教。本名 Aleksey Mikhailovich Ridiger。モスクワおよび全ロシアの総主教として,1億4000万人以上の信徒の精神的指導者だった。1953年にレニングラード神学校を卒業した。1964年に大主教となり,その後タリンエストニア,レニングラード(→サンクトペテルブルグ),ノブゴロドの府主教を歴任した。主教会議の常任委員,モスクワ総主教管区事務所主査の職を経て,1990年ピーメン総主教の死去に伴い後継者となる。ソビエト連邦時代に教会会議が初めて政府から圧力を受けずに複数の候補者を指名し,史上初の無記名投票で総主教に選出された。総主教として政府に対し,公立学校での宗教教育,および信教の自由を法律で認めることなどを要請した。また反ユダヤ主義に対する非難声明を出し,教会としてロシア民族主義を掲げることを拒否した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android