コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アレッツォ焼 アレッツォやき

世界大百科事典 第2版の解説

アレッツォやき【アレッツォ焼】

前30年ころから後40年ころまで,イタリア中部のアレッツォを中心につくられた陶器。よく精製された陶土を用いたテラコッタであるが,薄く硬い陶器であるため,テラコッタとしては焼成温度は高かったと推定される。器の表面には赤褐色系の光沢のあるスリップ(クリーム状にうすめた陶土)がかかり,釉薬をかけたかのような平滑さを有している。この陶器は大きく3グループに分類される。(1)装飾モティーフを陰刻した母型で成型された浮彫装飾を有するグループ,(2)ろくろを用いて成型した後に,母型によって作った装飾モティーフを貼り付けたグループ,(3)無装飾のグループ,である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のアレッツォ焼の言及

【ローマ】より

… 共和政末期には奴隷制による大規模工業が出現し始めた。とくに前30年ころから後1世紀半ばまでアレティウム(現,アレッツォ)を中心に生産された赤い光沢のある陶製容器(アレッツォ焼)はギリシア,小アジア以外のほぼ地中海全域(スペイン,北アフリカ,ガリア,イリュリアなど)で発見されており,広範な流通があったことを示している。このほかアンフォラ,ランプ,煉瓦などの焼物工業(北部・中部イタリア),銅細工(カプア),製鉄(プテオリ)などが知られている。…

※「アレッツォ焼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android