アレン・ルイス エドワーズ(英語表記)Allen Louis Edwards

20世紀西洋人名事典の解説


1914 -
心理学者。
ワシントン大学教授。
陸軍省、戦時情報局等に務めたのち、1948年よりワシントン大学教授となる。態度パーソナリティ測定に関しての業績を残している。質問紙法で被験者が社会的に望ましいと考える応答をしやすいことを問題にし、テストとしてEdwards Personal Preference Schedule(EPPS)を作った。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android