コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アワチャパン アワチャパンAhuachapán

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アワチャパン
Ahuachapán

エルサルバドル西部の都市。同名県の県都グアテマラとの国境に近い標高約 750mの高原にあり,パス川支流モリノ川にのぞむ。コーヒー栽培地帯の中心地で,その取引が盛んなほか,トウモロコシ豆類,家畜などの集散が行われる。市内には付近の温泉地帯から引き湯された鉱泉があり,近郊には地熱発電所 (1975建設) がある。首都サンサルバドルと鉄道,道路で連絡。人口8万 2888 (1987推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android