コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アワビモドキ アワビモドキConcholepas concholepas;barnacle rock-shell

1件 の用語解説(アワビモドキの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アワビモドキ
アワビモドキ
Concholepas concholepas;barnacle rock-shell

軟体動物門腹足綱アクキガイ科ロコガイあるいはチリアワビとも呼ばれる。殻高 11cm,殻径 9cm。殻は厚く,螺層が急に大きく太くなり,体層,殻口とも広くて,外観がアワビに似るのでこの名がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のアワビモドキの言及

【貝】より

…聖書ではツロ)にちなんで,テュロス紫Tyrian purpleと称された。また南アメリカの前10世紀以前のプレ・インカの遺跡でも同じくサラレイシガイやアワビモドキからとった貝紫で染めた布が出土し,現在もメキシコの太平洋岸のオアハカ州では11~3月にサラレイシガイで染色を行っている。日本では紫の染料は植物のムラサキから採取していたので,この技術はとくには発達せず,志摩の海女が布にイボニシなどで印をつけたというくらいである。…

※「アワビモドキ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone