コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貝紫 かいむらさき Imperial purple

3件 の用語解説(貝紫の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

貝紫
かいむらさき
Imperial purple

軟体動物門腹足綱アクキガイ科の貝類より採取した紫色の染料。紀元前 10世紀地中海沿岸のフェニキアでは,シリアツブリボラ Bolinus brandaris(purple dye murex)やツロツブリボラHexaplex trunculus(trunculus murex)の鰓下腺から得られる無色の分泌液に日光をあてると紫に発色することから,これを染色に用いる技術が開発された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かいむらさき【貝紫】

地中海産のアッキガイ科の貝の分泌液からとった紫色の染料。非常に高価なため、ローマ時代には皇帝と元老院議員のみの衣服に使用した。帝王紫。ティリアン=パープル。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

貝紫
かいむらさき

軟体動物門腹足綱アクキガイ科の貝の鰓下腺(さいかせん)から分泌される粘液が、酸化された(死んだ貝が、干からびたときなど)状態で安定した紫色になるのを利用した染料。地中海域では古代、アクキガイ科の2種ツロツブリHexaplex trunculusとシリアツブリBolinus brandariが主としてこれに用いられ、古代フェニキア人はこれらを多量に出荷したため、その港町ティルスの名を冠してツーロ紫Tyrian purpleとよばれている。しかし、この貝1万個からとれる色素がわずか1.5グラムであるため非常に高価で、ローマ時代は皇帝と元老院議員のローブにだけ用いられ「帝王紫」とよばれた。紀元前1000年以上も前の貝塚から、染料を採取された貝が出土している。同様の習慣がメキシコなどのインディオにもあり、同じアクキガイ科のレイシガイ類Purpuraを用いて現在でも細々と続けられ、民族衣装に利用されている。日本でも以前は三重県の海女(あま)が、頭にかぶる手拭(てぬぐい)にレイシガイ類の粘液をこすりつけて紫色の印をつけ、まじないにする習慣があったといわれるが、これも「貝紫」の一種である。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の貝紫の言及

【貝】より

…聖書ではツロ)にちなんで,テュロス紫Tyrian purpleと称された。また南アメリカの前10世紀以前のプレ・インカの遺跡でも同じくサラレイシガイやアワビモドキからとった貝紫で染めた布が出土し,現在もメキシコの太平洋岸のオアハカ州では11~3月にサラレイシガイで染色を行っている。日本では紫の染料は植物のムラサキから採取していたので,この技術はとくには発達せず,志摩の海女が布にイボニシなどで印をつけたというくらいである。…

※「貝紫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

貝紫の関連キーワード軟体動物有肺類悪鬼貝前鰓類象水母亀貝巻貝軟体類アクキガイ科

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

貝紫の関連情報