コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンキ変成作用 アンキへんせいさよう anchimetamorphism

1件 の用語解説(アンキ変成作用の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

アンキ変成作用

地表の風化作用と深部の変成作用の中間の位置を占める変成作用[Harassowitz : 1927].緑色片岩相以下の非常に低度の変成作用で,この限界は変動するので,フライイライトX線回折ピークの半値幅で決めたイライトの結晶度に基づいて規定される弱変成作用として決めているが[Frey : 1967, 地学団体研究会 : 1996, Barker : 1990],このような方法で変成作用を規定することは適当ではない.アンキ変成作用による貫入深成岩体周囲の熱変成作用の範囲は鉱物組合わせによる変成作用の程度が変化し,同心円状の帯に区分される.ギリシャ語のanchiは,ほとんど,密接になどの意味.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アンキ変成作用の関連キーワード変質作用動的変成作用気成変成作用合成変成作用アノジーン動力変成作用消化変成作用地殻内変成作用エピ帯膠結作用帯風化作用帯

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone