コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンキ変成作用 アンキへんせいさようanchimetamorphism

岩石学辞典の解説

アンキ変成作用

地表の風化作用と深部の変成作用の中間の位置を占める変成作用[Harassowitz : 1927].緑色片岩相以下の非常に低度の変成作用で,この限界は変動するので,フライはイライトのX線回折ピークの半値幅で決めたイライトの結晶度に基づいて規定される弱変成作用として決めているが[Frey : 1967, 地学団体研究会 : 1996, Barker : 1990],このような方法で変成作用を規定することは適当ではない.アンキ変成作用による貫入深成岩体周囲の熱変成作用の範囲は鉱物組合わせによる変成作用の程度が変化し,同心円状の帯に区分される.ギリシャ語のanchiは,ほとんど,密接になどの意味.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

アンキ変成作用の関連キーワードイライト結晶度

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android