アングル・シュル・ラングラン(英語表記)Angles‐sur‐l’Anglin

世界大百科事典 第2版の解説

アングル・シュル・ラングラン【Angles‐sur‐l’Anglin】

フランス西部,ビエンヌ県のポアティエの東約45kmにある後期旧石器時代美術遺跡。マドレーヌ文化中期に属する岩陰浮彫の3体の女性裸像(1947発見)は,胸より上とひざ下部分を欠く等身大のトルソで,陰門がはっきりあらわされ,そのうちの2体は明らかに妊娠している。ほかに,バイソン,馬,ヤギの浮彫も見られる。またこの遺跡から,浅浮彫と線刻を併用し彩色をほどこした人物の上半身像が出土した。【木村 重信

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android