コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アングル・シュル・ラングラン Angles‐sur‐l’Anglin

1件 の用語解説(アングル・シュル・ラングランの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アングル・シュル・ラングラン【Angles‐sur‐l’Anglin】

フランス西部,ビエンヌ県のポアティエの東約45kmにある後期旧石器時代美術遺跡。マドレーヌ文化中期に属する岩陰浮彫の3体の女性裸像(1947発見)は,胸より上とひざ下部分を欠く等身大のトルソで,陰門がはっきりあらわされ,そのうちの2体は明らかに妊娠している。ほかに,バイソン,馬,ヤギの浮彫も見られる。またこの遺跡から,浅浮彫と線刻を併用し彩色をほどこした人物の上半身像が出土した。【木村 重信】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アングル・シュル・ラングランの関連キーワードサンスサンテティエンヌディエンビエンフービエンヌポアティエリモージュエティエンヌポアチエサンジャン洗礼堂