コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アングレクム

百科事典マイペディアの解説

アングレクム

熱帯アフリカおよびマダガスカル原産の常緑の着生ランで約200種がある。短茎性のものから,茎が長くのびてよじ登るものまであり,形態は多様。葉は厚肉質で,線形または棒状

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アングレクム【Angraecum】

マレー語のランの総称名であるアングレックangurekに基づいて名付けられたアングレクム属Angraecumはその名の起りとは矛盾するが,アフリカ熱帯からマダガスカル島に分布の中心を有する着生ランの大きな属で,花の距が長く発達することで有名である。多数の種がヨーロッパで栽培されているが,日本では洋ランとしてそれほど普及してはいない。 葉は直立し,左右に葉を互生する。葉は細くて丸いものから幅広で長いものまでいろいろある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

アングレクムの関連キーワードマレー語

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android