アンタブス

百科事典マイペディア「アンタブス」の解説

アンタブス

薬。微黄白色の柱状結晶,無味無臭。化学名はテトラエチル・チウラム・ジスルフィド。単独服用してもなんら徴候を呈しないが,服用後アルコール飲料をとると非常に不快な症状が現れる。これはアンタブスが体内でアルデヒド酸化酵素を抑制するので,摂取したアルコールがアルデヒドの段階で蓄積されるためである。慢性アルコール中毒の治療に用いるが,服用には医師の管理が必要。
→関連項目

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

プラスチックワード

意味のあいまいなままに、いかにも新しい内容を伝えているかのように思わせる言葉。プラスチックのように自由に組み合わせ、さまざまな分野で手軽に使える語をさす。ドイツの言語学者ベルクゼンが提唱。「国際化」「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android