アンチエイリアシング(読み)アンチ エイリアシング

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

アンチエイリアシング

図形や文字を画面に表示する際、斜線やカーブの縁などに現れるギザギザ(ジャギー)を除去してなめらかにすることをアンチエイリアスといい、その画像処理をアンチエイリアシングという。たとえば、白地に黒文字を表示する場合には、中間調のグレーを利用してジャギーを目立たなくする。Windowsでは、Windows XP以降から文字をなめらかに表示するアンチエイリアシング技術「ClearType(クリアタイプ)」が採用されている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

IT用語がわかる辞典の解説

アンチエイリアシング【anti-aliasing】

コンピューターで文字や画像を表示する際、輪郭に見られる階段状のギザギザを目立たなくすること。文字やイラストの輪郭を成す境界線の周囲に中間色を配することで滑らかに見せる。◇「アンチエイリアス」「スムージング」ともいう。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

アンチエイリアシング【anti-aliasing】

パソコン画像の文字や斜線などに生じるぎざぎざを目立たなくする処理。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android