コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンチック 〈フランス〉antique

大辞林 第三版の解説

アンチック【antique】

和文書体の一。肉太で、線の太さが一様でなく、柔らかい感じがするもの。平仮名・片仮名に使用。太仮名。 → アンティーク

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のアンチックの言及

【活字】より

…明朝体は縦線が太く,横線が細く,横線の終点には三角形のうろこがあり,幾何学的美しさと集団的美しさを備えている。和文活字には,このほか筆書きの楷書体を基にした清朝(せいちよう),正楷書(教科書体),それにゴシック(縦線横線同じ太さの書体),アンチック(かなの肉太文字)などがある。また簡易字体のほかに正字体がある。…

※「アンチック」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

アンチックの関連キーワード人形(にんぎょう)片仮名平仮名

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android