アンティポデス諸島(読み)アンティポデスショトウ

デジタル大辞泉の解説

アンティポデス‐しょとう〔‐シヨタウ〕【アンティポデス諸島】

Antipodes Islands》南太平洋南西部の火山島群。ニュージーランド領。南島最南端の南東約860キロメートル、南緯49度40分、東経178度46分に位置する。主な島はアンティポデス島とボロンズ島。名称は、この諸島が長らく英国ロンドンの対蹠(たいしょ)点(Antipodes)であると誤解されたことに由来する。絶滅危惧種のアンティポデスアホウドリ、シュレーターペンギンなどの生息地。1998年にキャンベル島オークランド諸島スネアーズ諸島バウンティー諸島とともに、「ニュージーランドの亜南極諸島」の名称で世界遺産(自然遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android