コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンティポデス諸島 アンティポデスショトウ

デジタル大辞泉の解説

アンティポデス‐しょとう〔‐シヨタウ〕【アンティポデス諸島】

Antipodes Islands》南太平洋南西部の火山島群。ニュージーランド領。南島最南端の南東約860キロメートル、南緯49度40分、東経178度46分に位置する。主な島はアンティポデス島とボロンズ島。名称は、この諸島が長らく英国ロンドンの対蹠(たいしょ)点(Antipodes)であると誤解されたことに由来する。絶滅危惧種のアンティポデスアホウドリ、シュレーターペンギンなどの生息地。1998年にキャンベル島オークランド諸島スネアーズ諸島バウンティー諸島とともに、「ニュージーランドの亜南極諸島」の名称で世界遺産(自然遺産)に登録された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

アンティポデス諸島の関連キーワード陸半球

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android