コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アントウェルペン州 アントウェルペンAntwerpen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アントウェルペン〔州〕
アントウェルペン
Antwerpen

ベルギー北部,オランダと接する州。州都アントウェルペン。オランダ語地方に属する。中部から北部にかけてのケンペンラントは,土地がやせているため,部分的には農耕地があるが,砂丘,低湿地,湖沼などの間に牧草地や針葉樹の植林地が広がる。第1次世界大戦後,炭田の開発,アントウェルペン-リエージュを結ぶアルベール運河 (1930~39) の開通により工業化が進み,低人口密度地帯に適した鉛,亜鉛,ラジウムなどの金属精錬工場,化学工場などが立地,長期の工業立地計画も実施されている。南部および西部は丘陵地で,土壌がやや肥沃なため,市場園芸やテンサイ栽培が行われ,酪農も盛ん。主要都市は,ヨーロッパ有数の貿易港である州都のほか,家具製造業,繊維工業のメヘレンテュルンハウト,核エネルギー研究センターのあるモルなど。面積 2867km2。人口 160万 5167 (1991) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アントウェルペン州の関連キーワードボルヘルハウト聖グマルス教会ホーボーケンブラバント州ジンメルの塔アントワープアンベルスメッヘレンメケレンベルヘムリールマルーヘール

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アントウェルペン州の関連情報