コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンナ・スネーギナ Anna Snegina

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンナ・スネーギナ
Anna Snegina

ロシアの詩人 S.エセーニンの長編叙事詩。 1925年発表。「アンナ・スネーギナ」とは,叙事詩のヒロイン,作者の分身とおぼしき詩人「わたし」の脳裏に刻まれた永遠の女性像である。第1次世界大戦についての「わたし」の思い出に始り,続いて農村に押寄せた 17年の革命の津波の回想,老いた水車番夫妻と「わたし」の再会,そして 16歳の清純な少女だったアンナ・スネーギナに対する忘れえぬ初恋と青春の追憶へと展開する。叙事詩的要素と抒情性とが混然ととけあった作者の最高作。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android