初恋(読み)はつこい(英語表記)Первая любовь/Pervaya lyubov'

日本大百科全書(ニッポニカ)「初恋」の解説

初恋
はつこい
Первая любовь/Pervaya lyubov'

ロシアの作家ツルゲーネフの短編小説。1860年発表。16歳の少年「私」が大学の受験準備をしながら、両親と暮らしている。貧しいが、若くて美しい令嬢のいる公爵一家が隣へ越してきて、少年一家と知り合いになる。少年は令嬢ジナイーダを恋するが、あるとき、ジナイーダが自分の父の愛人であることを知り、初恋はあえなくついえる。異性へのほのかなあこがれに目覚めていく少年のナイーブな心。その心の展開が完璧(かんぺき)なまでに美しく、リアルに描かれている。少年はまた、大ぜいの取り巻きのなかから、えりにえって妻子ある中年男を選んだジナイーダを通して、恋というもののもつ摩訶(まか)不思議を思い知らされる。自伝的な作品である。

[佐々木彰]

『神西清訳『はつ恋』(新潮文庫)』『佐々木彰訳『初恋』(講談社文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「初恋」の解説

はつこい【初恋】[書名]

嵯峨の屋お室の短編小説。明治22年(1889)、文芸誌「都の花」に発表。明治24年(1891)刊行の作品集「新編千草」に収録。ツルゲーネフによる同名の短編小説の影響がみられる。
島崎藤村の詩。明治30年(1897)刊行の「若菜集」に収録。

はつ‐こい〔‐こひ〕【初恋】

生まれて初めての恋。
[補説]書名別項。→初恋
[類語]恋愛愛恋あいれん恋情れんじょう恋慕れんぼ思慕しぼ眷恋けんれん色恋いろこい慕情ぼじょう恋心狂恋悲恋片恋片思い岡惚れ横恋慕失恋ラブアムールアモーレロマンス

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「初恋」の解説

初恋
はつこい
Pervaya lyubov'

ロシアの作家 I.ツルゲーネフの短編小説。 1860年発表。作者自身の少年時代の心的体験に基づいて書かれたもので,ツルゲーネフの家庭環境と女性観を知るうえで重要。ツルゲーネフ中期の円熟した筆致に,抒情性が漂い,恋愛小説の古典となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「初恋」の解説

はつ‐こい ‥こひ【初恋】

〘名〙 はじめて異性に恋の気持を起こすこと。はじめての恋。
※浮世草子・小夜衣(1683)四「初恋(ハツコヒ)とはみても聞ても思ひそむる始の心をいふ也」
※或る女(1919)〈有島武郎〉前「葉子は木部が魂を打ちこんだ初恋の的だった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android