アンヌビク(英語表記)Hennebique, François

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンヌビク
Hennebique, François

[生]1842. ヌービルサンバースト
[没]1921. パリ
フランスの鉄筋コンクリート工学者。 1867年,建築施工会社を設立し,各種の建築構法を研究,92年,独自の鉄筋コンクリート構法の特許をとり,現代鉄筋コンクリート造建築の基礎を築いた。多くの建築工事にコンサルタント・エンジニアとして活躍した。トゥルコアンの紡績工場 (1895) ,パリのプチ・パレーの曲り階段 (98) ,ブールラレーヌの自邸 (1904) などの建築作品のほかに,最初の鉄筋コンクリート橋のシャテルロー橋 (98) が著名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android