コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンフィポリス Amphipolis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンフィポリス
Amphipolis

ストリュモン川東岸のマケドニアの古代都市。本来トラキア人が建設したが,戦略上の要地であり,パンガイオン金山,船材産地を控えて繁栄し,アテネ,スパルタが領有を争い,次いで前 357年フィリッポス2世がマケドニア領とし,前 168年ローマ支配下の自治都市 (ムニキピウム ) となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンフィポリス
あんふぃぽりす
Amphipolis

ギリシア北部、ストリモン川東岸にあったマケドニアの古代都市。トラキア、ヘレスポントスにつながる交通、戦略上の要所を占め、またパンガイオン地区の金、銀の集散地、船材の積出し港として商業上重要視された。紀元前437年アテナイ(アテネ)の植民市となったが、ペロポネソス戦争中、前424年スパルタの将軍ブラシダス(?―前422)に屈した。その後、マケドニアのフィリッポス2世(在位前359~前336)によって占拠される前357年まで、事実上独立を保持した。ローマ時代にはマケドニア第一管区の首府となり、同時にエグナティア街道の宿駅としての役割をも担った。[古川堅治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アンフィポリスの関連キーワードフィリッポス(5世)フィリッポス5世ヒスティアイオスアリストフォントゥキディデスツキジデスクレオンロクサネ

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android