コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンプティサッカー amputee succer

デジタル大辞泉の解説

アンプティ‐サッカー(amputee succer)

《アンプティは、切断手足を失った人の意》上肢または下肢を切断した障害をもつ選手がプレーするサッカー競技。松葉杖を用いて行うが、杖を使ってのボール操作はできない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

アンプティサッカー

7人制で25分間の前後半。フィールドプレーヤーは足を失った選手が、2本の「クラッチ」と呼ばれる杖を使う。クラッチでボール操作はできない。ゴールキーパーは手や腕を失った選手が担当。オフサイドはなく、選手交代は何度でも可能。1980年代に米国で考案され、負傷兵のリハビリの一環として広まった。「amputee」とは英語で「手足の切断手術を受けた人」の意味。

(2017-05-05 朝日新聞 朝刊 静岡・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アンプティサッカーの関連情報