アンプティサッカー(英語表記)amputee soccer

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

アンプティサッカー

7人制で25分間の前後半。フィールドプレーヤーは足を失った選手が、2本の「クラッチ」と呼ばれる杖を使う。クラッチでボール操作はできない。ゴールキーパーは手や腕を失った選手が担当。オフサイドはなく、選手交代は何度でも可能。1980年代に米国で考案され、負傷兵のリハビリの一環として広まった。「amputee」とは英語で「手足の切断手術を受けた人」の意味。

(2017-05-05 朝日新聞 朝刊 静岡・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アンプティサッカーの関連情報