コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンモニア性窒素 アンモニアせいちっそammonia nitrogen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンモニア性窒素
アンモニアせいちっそ
ammonia nitrogen

アンモニア態窒素ともいう。窒素の各種化合物のうちアンモニアあるいはアンモニウム塩として存在する窒素をいう。窒素含有有機物は土中で分解するときアンモニア態を通り,硝酸の形よりも土中での保持などが良好である。化学肥料で窒素を補うときもアンモニア態が多い (硫安) 。水質検査では,有機物混入の一指標ともなる。強アルカリを加え加温,通気すればアンモニアとして捕捉される。ネスラー試薬で呈色するので,淡水,海水などの微量のアンモニア性窒素は比色法で定量される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アンモニア性窒素の関連キーワードアンモニア態窒素硝酸性窒素硝安

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android