アーサー シュースター(英語表記)Arthur Schuster

20世紀西洋人名事典の解説

アーサー シュースター
Arthur Schuster


1851 - 1934
英国の物理学者。
元・マンチェスター大学教授。
フランクフルト・アム・マイン生まれ。
ドイツに生れたが英国に移住し帰化した。10代からスペクトル分析に興味をもち、マンチェスター、ハイデルベルクゲッティンゲン、ベルリンの各大学に学び、1873年理学博士号を取得した。キャベンディッシュ研究所、オーエンス大学応用数学教授を経て、1888〜1907年までマンチェスター大学物理学教授を務める。ドイツ留学中にヘルムホルツの影響を受け、その「電解質対流」の理論を踏まえて、気体放電研究を展開し、1890年「気体を通しての電気の通過」の一般理論をまとめた。1897年にリュードベリー・シュースターの法則を独立に発見した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android