アーサー シュースター(英語表記)Arthur Schuster

20世紀西洋人名事典の解説

アーサー シュースター
Arthur Schuster


1851 - 1934
英国の物理学者。
元・マンチェスター大学教授。
フランクフルト・アム・マイン生まれ。
ドイツに生れたが英国に移住し帰化した。10代からスペクトル分析に興味をもち、マンチェスター、ハイデルベルクゲッティンゲン、ベルリンの各大学に学び、1873年理学博士号を取得した。キャベンディッシュ研究所、オーエンス大学応用数学教授を経て、1888〜1907年までマンチェスター大学物理学教授を務める。ドイツ留学中にヘルムホルツの影響を受け、その「電解質対流」の理論を踏まえて、気体放電研究を展開し、1890年「気体を通しての電気の通過」の一般理論をまとめた。1897年にリュードベリー・シュースターの法則を独立に発見した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android