アーノルト ブロンネン(英語表記)Arnolt Bronnen

20世紀西洋人名事典の解説


1895.8.19 - 1959.10.22
オーストリア劇作家,小説家。
元・スカラ座監督。
ウィーン生まれ。
本名アルノルト ブロンナー。
ブレヒトとの親交をもち、ドイツ座でも上演された「父親殺し」(1920年初演)や「青春の誕生」(’22年)などの作品を書き上げる。これらは、旧世代攻撃の精神運動を支援するものだった。’20年代後半より、ナチズムにも傾斜するが、’30年代には反ナチの立場をとり、オーストリアでの地下抵抗運動にも参加した。また’35年にはベルリン国立放送協会文芸部員となり、ウィーンのスカラ座監督を務めたことでも知られる。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android